日本ラグビーフットボール協会 オフィシャルサイト
ホーム お問い合わせ 関連リンク サイトマップ 用語集 RSS
HOME | ルール | 競技規則| 競技規則に関する通達
ルール
競技規則
U-12ミニラグビー競技規則、タグラグビー競技規則の改訂等について(通達)
平成24年8月24日
日本ラグビーフットボール協会

専務理事 矢部達三


下記の通り、「U-12ミニラグビー競技規則」、「タグラグビー競技規則」を改訂し、これを平成24年9月1日から施行致しますので本書面にて通知いたします。
関係者各位へ周知徹底いただけますようよろしく願い申し上げます。

(添付文書)

1.U-12ミニラグビー競技規則2012-2013の改訂について

【改訂のポイント】
「平成24年度(2012‐2013)U‐12ミニラグビー競技規則」は、以下の要領で改訂致します。

1)IRB競技規則およびU-15ジュニアラグビー競技規則との整合性を図った、U-12ミニラグビー競技規則記載方法の変更について

  1. 本年度のU-12ミニラグビー競技規則の変更のポイントは、原則としてIRB競技規則に準拠し、表記方法と、及び項目記号を変更いたします。
  2. 従前の低・中・高学年を一括した記載法から、低学年(U‐7,U-8)、中学年(U-9,U-10)、高学年(U-11,U-12)と3つのカテゴリーに分けた記載法に変更いたします。
  3. 各条文番号をIRB競技規則に準拠した条文番号に変更いたします。

※U-12ミニラグビー競技規則は、 IRB競技規則と相違する箇所(読み替える箇所)、及び確認が必要な箇所のみを記載しているのは従前のとおりです。 この為、記載のないそれ以外の箇所は、IRB競技規則(含む19歳未満標準競技規則およびU-15ジュニアラグビー競技規則)に準拠していますので、これを参照しなければならないことも従前通りです。

2)U-12ミニラグビー競技規則の改定箇所について
前述の通り、主要な改定箇所以外でも、前項1)の表記方法、及び項目記号を変更していますので、従前の競技規則における各条文の記載順序も変更しています。

2.タグラグビー競技規則2012-2013の改訂について

【改訂のポイント】
「平成24年度(2012‐2013)タグラグビー競技規則」は、以下の要領で改訂致します。従前の競技規則の内容を簡素化し、主な活用先である『小学校体育授業』を対象とした競技規則を作成致します。

  1. 従前の競技規則において重複している項目を統合した。
  2. 従前の競技規則内の“指導上の留意点”や“補足”を末尾に一括して記載。
  3. ダブルタグについての詳細説明を記載。
  4. スローフォワードについて詳細説明の記載。
  5. 試合時間・コートの広さ・人数等を、小学校体育授業での活用を考慮し変更。

U-12ミニラグビー競技規則2012-2013
=以下は主要な改定箇所のみを抜粋しています=

第3条 プレーヤーの人数

3.3 【3.1 競技区域における、プレーヤーの最大人数】で定めた人数未満のプレーヤーによる試合の実施

各協会主催の試合規定に準ずる。

3.4 交代/入替えのプレーヤーとして指定されたプレーヤー

交代/入替えのプレーヤーの数は、各協会主催の大会規則に準ずる。ただし、コーチおよびレフリーは、試合毎に登録されたプレーヤーを全員出場させる様配慮しなければならない。

3.10 一時的交代と応急処置

血の有無に関わらず、プレーヤーが負傷し応急処置、或いは医師の治療を受ける必要があると判断された際の一時的交代・正式交代については、各協会主催の大会規則に準ずる。

注意事項 
レフリーまたは競技責任者は、プレーヤーが負傷した場合は、そのプレーヤーの安全の確保を最優先し、直ちに応急処置、或いは医師の治療を受けるよう指導する。

3.14 各協会に適用を委ねられる特別ルールとエージ制カテゴリー

三地域協会の事前の承認の下、大会(試合)を主催するか管轄する各協会の決定により登録プレーヤー、交替人数等について規定(ローカル)することができる。但し、本事項はその地域の実情に合わせて特例として認めるものであり、いかなる場合でもプレーヤーの安全を考慮した決定でなければならない。

第4条 プレーヤーの服装

4.1 追加着用について【Original14】

(a)プレーヤーは試合中ヘッドギヤを着用しなければならない。(義務)
(b)安全を最優先する目的でマウスガードの装着をすることが望ましい。ただし骨格の発育段階であり、永久歯に生え変わっていない乳歯のある場合、及び歯科矯正などを行っている場合もあるので、専門医に相談することをお勧めする。また歯型を取っての作成は、金銭的な問題もあるのでプレーヤー・保護者の判断に委ねる事とする。(推奨)
※(b)は高学年のみ記載
(c)シューズは一体成型ゴム底のもの、ただし鋭い形状の部分や隆起している部分がないものであること、スタッドの取り替えられるものは禁止する。(禁止)
(d)肩当ての着用は認めない。(禁止)

第5条 試合時間

5.1 試合時間

10分ハーフ以内(1日の試合総時間は原則40分以内とする)※低学年
15分ハーフ以内(1日の試合総時間は原則50分以内とする)※中学年
20分ハーフ以内(1日の試合総時間は原則60分以内とする)※高学年
いずれも試合間隔は環境に配慮して充分な休息時間をとらなければならない。

5.2 ハーフタイム

ハーフタイム後、サイド交換をする。休憩時間は各協会主催の試合規定に準ずる。

5.6 延長時間 =19歳未満標準競技規則 5.1を適用

トーナメントで引き分けの場合でも、試合を延長してはならない。

5.7 その他、時間に関する規則

1日に複数ゲームを行う場合、大会運営上の支障も考えられるがプレーヤーの健康管理上、プレーヤーが1日にプレーできる時間の上限を設定する。

第9条 得点方法

9.A得点
9.A.1 得点の種類
トライ:トライは攻撃側のプレーヤーが相手側のインゴールにおいて、最初にボールをグラウンディングする事によって得られる。(価値:5点)

9.B コンバージョンキック
9.B.1コンバージョンキックについて
コンバージョンキックを適用しない。※低・中学年
各協会主催の試合規定に準ずる。※高学年
※ゴールポストの有無によっては、コンバージョンキックを適用する。(価値:2点)

第10条 不正なプレー